• 子育て体験談
  • 子育てノウハウ
  • 便利グッズ
  • 0歳〜1歳

0歳から使える!赤ちゃんと夏を快適に乗り切る、オススメ便利グッズ13選

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • line
  • 11132view

    暑い夏を、少しでも快適に過ごそう!

    地域にもよりますが、毎年半端じゃない夏の暑さ

    上の子の送り迎えや買い物など、暑い時間に外出せざるを得なかったり。

    電車やお店で冷房が効きすぎて、冷えが気になったり。

    他の季節にはない悩みがたくさん!

    赤ちゃんや小さな子供は大人よりも暑さに弱いので、便利なグッズを使って少しでも快適に過ごしたいですよね。

    今回は、子育て中のパパママに「本当に使ってよかった、夏にオススメの便利グッズ」をリサーチ!

    便利なグッズを取り入れて、少しでも快適に夏を乗り切ってくださいね。

    ベビーカー、チャイルドシート、抱っこ紐でも使える保冷グッズ

    子供が生後4ヶ月くらいになって、そろそろベビーカーでお出かけしてみようとした頃です。

    ちょうど暑い夏の時期でベビーカーと接触する背中の部分が蒸れてぐずり、散歩もうまくいきません。

    たまたま友人のベビーカーを見ると、保冷効果のあるシートが敷いてありました。

    聞いてみると、「このおかげで赤ちゃんも気持ちよく寝てしまうこともある」とのこと!

    さっそく購入して使ってみると、子供も背中が気持ちいいようで大人しくベビーカーに座っていることができるようになりました。

    この保冷シートはベビーカーだけでなくチャイルドシートにも取り付けることができ、車での長距離の移動の時もぐずることなく大活躍!

    また保冷だけでなく保温もできるので、1年中使うことができました。(くみママさん)

    *編集部補足*

    カンガルーのシートは色違いもあります♪

    お出かけ先で、お店の中など涼しい場所にいるときは、シートを保冷バッグにいれておくと冷たさが長持ちします。長時間のお出かけの場合は、予備のシートを入れてもOKです!

    安心して赤ちゃんに使える日焼け止めクリーム

    夏のお出掛けで気になることといえば強い紫外線

    特に赤ちゃんの肌は大人よりずっと薄いので、ちゃんと日焼け止めクリームを塗るなどして対策してあげることが大切です。

    ただ紫外線吸収剤やシリコーン系の合成ポリマーなどが含まれている日焼け止めクリームでは、デリケートな赤ちゃんの肌の負担になる心配もあります。

    そこでお勧めなのがアロベビーのオーガニックUVクリーム

    紫外線吸収剤不使用なのは勿論のこと、天然由来の原料で出来ているこだわりのクリームです。

    我が家では生後半年くらいから使用していました。

    顔を洗うのが嫌いな赤ちゃんでも、お湯で流すだけで落ちるため苦になりませんよ。(りょうさん)

    氷枕にも使える、カチカチにならない保冷シート

    冬生まれの娘が、初めての夏を迎えた時の事です。


    お買い物に行くのにいつも通り抱っこ紐に入れていたのですが、帰宅後、汗取りパッドがビッショリになるくらい汗をかいていました。


    だっこしている自分も汗だくなので当然ですが、娘は寝ていたのであまり気にせず、ずっと抱っこ紐に入れたままでした。


    暑くて落ち着きが無くなることもありましたが、すやすや寝ているように思えたので全く気付かず驚きました。

    
そこで、「何か暑さ対策をした方がいいな」と思い、この保冷剤を見つけました。

    BABYHOPPER ベビーキャリア&ベビーカー兼用保冷・保温シート/ブルースター

    
中に入っている保冷剤をタオルで包み、手持ちの抱っこ紐のポケット部分に入れてみたところ、なかなか快適でした。

    
食品を買った時にもらう保冷剤は固まりすぎてしまいますが、ジェル状なのであたりも柔らかく、冷えすぎる印象はありませんでした。


    もちろんベビーカーでも使えて、背中がゴロゴロする様子もありません。


    また、発熱の時に頭の周りを冷やすのにも使えたので、ベビー時代を過ぎても活躍するグッズで良かったです。
(みーなさん)

    1本持っておくと重宝する冷却スプレー

    私は、赤ちゃん本舗の「チャイルドシート& ベビーカー冷却スプレー」を毎年必ず購入しています。

    夏になると車内の温度が上昇しているので、チャイルドシートが想像以上に熱いです。

    シートの金具部分は特に熱くなっているので、そのままつけるとやけどの心配も出てきます。

    そこでこの冷却スプレーをシートの全体的にあてると、一気に温度が下がるので、すぐに装着しても安心です。

    チャイルドシートだけでなく、夏場のベビーカーに使ってもしばらく冷たくなるので子供の背中が汗などで蒸れるのを防いでくれます。

    カバンに入る程度の大きさなので場所も取らず、持ち歩いても邪魔になりません。

    週に1・2回使っていますが、それでも一年くらいは持つのでコスパはいいと思います。

    夏場は一本持っておくと、本当に重宝します。(さゆりさん)

    *編集部補足*

    スプレーは高温にすると破裂の危険があるため、直射日光の当たる所や火気等の近くなど温度が40度以上となる所に置かないこと!

    車の中などに放置せず、外出中は持ち歩きましょう

    その他、

    ・直接肌にかからないようにする
    ・ガスを吸入しないように注意する
    ・目に入らないようにする
    ・炎や火気の近くでは注意して使用する
    ・火気を使用している室内で大量に使用しない
    ・車内で使った場合は、よく換気してからエンジンをかける

    など、パッケージをよく読んで利用してくださいね!

    知ってた?まほうびんのベビーマグ!

    ベビーマグといえば、保冷ができないプラスチック製のイメージが強いですが、実は保冷ができるベビーマグがあるんです!

    子供用のお茶をベビーマグに入れて持ち歩いてもすぐにぬるくなってしまうので、氷を入れたり、保冷剤と一緒に保冷バックに入れてみたりといろいろと工夫していましたが、これを使えば一発で解決!

    やはり冷たい方が子供も喜びますし、衛生面でも安心ですよね。

    ハンドルは取り外し可能なので、ハンドルなしでも飲めれば、よりコンパクトに持ち歩くことができます。

    フタがカチッと閉まるので、カバンの中にそのまま放り込んでも漏れないのもスゴイ!

    以前使っていたプラスチック製マグは漏れることが多く、一度ビニール袋などに入れてからカバンに入れていたので、手間が減って助かりました

    お出かけにも、自宅でのストロー飲みの練習にも役に立つと思います。

    ちなみに、ストローなど細かい部分はこれで洗っています。

    (サーモンママ)

    冷えから赤ちゃんを守ってくれる便利なおくるみ

    赤ちゃん・小さい子どもは体温が高いので、夏場は基本的に薄着ですよね。

    でも、電車やバス、お店などに入ると外との気温差がかなりあるものです。

    特に、クーラーキンキンの涼しい室内は快適ではありますが、赤ちゃんが冷えてしまわないか心配

    そんなときに役立つのがエイデンアンドアネイのおくるみ

    ガーゼ素材なので涼しさはキープしながら、赤ちゃんを冷えから守ってくれます。

    現在9か月の娘を育てている私も、外出の際には必ずこのおくるみを持参しています。

    外では足を丸出しにしていても、涼しい所ではサッとくるんであげられるし、ちょっとした日よけとしても使えますよ。

    さらに授乳ケープ代わりにもなるんです。

    2枚セットなら汗をかいても洗濯しながら毎日使えるのでとっても便利です。(みこさん)

    *他にもあります!編集部のおすすめグッズ*

    UV60%カット!虫刺されも防げます。

    ベビーカーにつけられる扇風機!

    災害級の暑さ、無理は禁物!

    暑い夏は、子供も大人もいつもより体力を消耗します。

    出かける時間を工夫する、ネットスーパーを利用する、栄養と睡眠をたっぷり摂るなど、いつも以上に身体を労って、無理せず過ごしてくださいね!

    もちろん子供だけでなく、大人も自分の身体を大切にしましょう。


    2歳になったら、アレルギー・アトピー対策!

    • facebook
    • twitter
    • google plus
    • hatebu
    • line
    • 11132view
    lineはじめました

    この子育てヒントが気に入ったら
    「いいね!」&フォローしよう♪

    子育てのミカタが役立つ子育てヒントをお届けします

    あなたにオススメの記事