• 子育て体験談
  • 子育てノウハウ
  • 子どもの食事
  • 1歳〜2歳
  • 2歳〜3歳
  • 3歳〜4歳
  • 4歳〜

【子供に人気のラクうまレシピ特集】野菜・魚が嫌いな子供がパクパク食べた!

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • line
  • 1276view

    子供が喜ぶ、簡単で美味しいご飯って?

    手が込んだご飯に限って食べなかったり、そうかと思うと「こんなに簡単なものでいいの?」というご飯を喜んでくれたり……。

    「子供が喜ぶご飯」って、なかなか難しいですよね。

    そこで今回は「子供に人気のラクうまレシピ」をリサーチ。

    子育て中のパパママが「本当に子供が喜んでくれた」ラクで美味しい料理を教えてくれました!

    野菜や魚が嫌いな子供に好評なものから、大人も大満足できるものまで、いろんなレシピが集まりました!

    毎日の食事作りの参考にしていただけると嬉しいです♪

    何でも吐き出す子供がパクパク食べた!コーンライス

    小さな子供って、何を食べて喜ぶのか本当に分かりませんよね~。

    せっかく頑張って作ったものを簡単に「ベーッ!」と吐き出されたら本当にショック!

    でもこの「コーンライス」なら、喜んで食べてくれる子供も多いはず。

    とうもろこしは、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富。

    自然な甘みと鮮やかな黄色が子供にも人気の優秀食材なので、ぜひ育ち盛りの食卓に取り入れてみてください!

    材料

    

・とうもろこし…1本

    ・お米…2合

    ・醤油…小さじ1
    
・しお…小さじ1/4

    ・バター…小さじ1


    作り方

    

・お米は炊く30分前に研いでザルにあげておいておきます。

    ・とうもろこしを包丁でそぎおとしてきます。芯は捨てないでください。
    
・調味料と分量の水、とうもろこしの芯をいれて炊きます。

    ・炊き上がったら芯を取り除いてしっかり混ぜ合わせます。
    
・お茶碗に盛って出来上がりです。

ポイントは、芯を捨てずに一緒に炊くこと!

    これでお米にコーンの旨味がしっかりと染み込みます。



    コーンが余ってたときにもったいないと思って作ったのですが、普段何でも吐き出してしまう子供がすごく美味しそうにパクパク食べていたので「これだ!」と思いました。

    時期にもよりますが、簡単なので週に一度は作っています。(M.Kさん)

    子供と一緒に簡単調理!袋でモミモミ!家にあるもので簡単キャベツ焼売

    小さな子供がいると、料理を作るのはなかなか大変ですよね。

    長時間キッチンにいると子供がグズりはじめるし、手順が複雑だと「作ろう!」という意気込みすら持てません……。


    私のオススメは、途中で子供が参加できる「キャベツ焼売」

    これなら子供も飽きずに待っていられるし、自分が作ったものだと関心を持ってよく食べてくれるかもしれませんよ!

    材料(4人前)

    



    ・ひき肉…300グラム
    ・玉ねぎ…1個
    ・片栗粉…大さじ3  
・中華だし…小さじ1
    ・醤油…大さじ1
・塩コショウ…少々
    ・酒…大さじ1
・キャベツ……4分の1個(焼売の皮の代わりに使います!細かく千切りにしてください!)
    ・つけダレ(ポン酢、マヨしょうゆなど、お好みで!)


    作り方

    ・玉ねぎを細かくみじん切りにします。(細ければ細かいほどいいです!)

    ・厚手のポリ袋の中に、ひき肉・刻み玉ねぎ・片栗粉・中華だし・醤油・塩コショウ・酒を一気に投入!子供と一緒にモミモミして混ぜましょう。

    ・混ぜ終えたら、袋の端っこをキッチンはさみでカットし、焼売のタネを手に出して丸めます。
    
※手にサラダ油を少量塗ると丸めやすいです。
    
※大きなお子さんであれば一緒に作ることができます!

    ・全て丸めたら、千切りにしておいたキャベツを一個一個にかけて手でぎゅっと丸めます。

    ・平皿に乗せたら、少量のお水をふりかけ、かるくふんわりとラップをして電子レンジへ。
    
・600ワットで4分(もし熱の通りが悪い場合はプラス30秒)
・お好みでポン酢やマヨ醤油でめしあがれ~!

    キャベツはビタミンだけでなく、カルシウムなどのミネラルも含まれている頼れる食材。

    加熱して柔らかくすると、サラダなど生食より食べやすくなります。

    冷めてもおいしいので、お弁当にもオススメですよ。


    みなさんぜひ親子でチャレンジしてくださいね!(かおりんママさん)

    お肉も野菜もたっぷり食べられる、焼肉レタス巻き!

    「子供がなかなか野菜を食べてくれない……」とお悩みの方も多いと思います。

    
野菜を食べてくれないと、栄養バランスが心配になりますよね。


    そこで、我が家の子供が喜んで食べてくれ、作る方も楽チンなメニューが「焼肉レタス巻き」です。

    



    材料

    
・好きなお肉
    
・焼肉のたれ

    ・レタス

    ・好きなら玉ねぎ


    作り方

    ・レタスを水でささっと洗い、水気をよく切ります。
    ※巻きやすい大きさに手でちぎることがポイントです。

    ・好きなお肉を、焼肉のたれを絡めて焼きます。

    ※我が家では、さらに野菜を食べて欲しいため、玉ねぎと一緒に焼肉のたれでお肉を炒めて食べています。もし嫌いでなければどうぞ!

    ・お肉をレタスで巻いてそのまま食べます。

    
自分でレタスを巻く楽しさがあり、お肉につられて野菜をしっかり摂ることができます。

    早くレタスで巻きたくて毎回ウズウズしちゃうくらい、うちの子供が大好きなメニューです。

    
キムチなどを入れてアレンジすれば、大人も大満足できますよ。

    
分量は家族の人数によっても違うと思いますので、人数に合わせてお好みの分量で作ってみてください!(さっちゃんさん)


    朝食やおやつにぴったり!簡単ラスク風トースト

    どんなに子供が喜ぶものでも、家事や育児などに追われていると、なかなかゆっくり作っている余裕がありませんよね。

    
そんなときにピッタリの、とっても簡単で子供が喜ぶ「ラスク風トースト」をご紹介します。

    
我が家の子供はこのトーストを作るよと伝えると、バンザイして嬉しさを表現してくれるほど好きなようです。

    
1歳半頃から頻繁に作っているこちらのトーストをご紹介します。


    材料

    
・食パン…1枚

    ・砂糖…小さじ1
    
・きな粉…小さじ1

    ・バター…10g


    作り方

    
・食パンにバターを塗る

    ・砂糖ときな粉を混ぜて食パンに乗せる

    ・食パンの耳がカリッとするまでオーブンで焼く(約2分)
    
・冷めたら食べやすい大きさに切って出来上がり

とっても簡単なんです!

    
私は朝ごはんやおやつの時間に、ちゃちゃっと作って食べさせています。

    こんなに簡単なものなのに、1歳の子供は喜んでパクパクと食べてくれ、食パン1枚はペロリと食べてしまいます。

    
きな粉砂糖が落ちるのが気になる人は、はじめにバターと練り合わせてしまい、それを食パンに塗ってもオッケーです。

    きな粉がボロボロこぼれないので片付けが楽チンです。

    
トーストは冷めるとかたくなります。

    うちの子はそのかたいのが好きなのでまとめて焼いて、冷ましてジップロックで保存することもあります。(忙しいママさん)


    魚が苦手な子供でも食べられる!しらすマヨネーズ丼

    うちの息子は食べることに興味がなく、食事にはいつも悩まされていました。

    
お肉は好きで、ウインナーなどは手軽に用意できるし息子もよく食べてくれましたが、魚のメニューとなると焼き魚や煮魚は私が一生懸命作ってもあまり食べません

    
そんなとき、スーパーで買った釜揚げシラスが冷蔵庫にありました。

    
食べてくれるかはわかりませんでしたが、ご飯をよそったお椀にシラスを適量とマヨネーズを添えて出してみることに。

    
すると息子はあっという間に完食したのです!驚きました!

    
このメニューは息子が3歳の時に始めたのですが、ずっと好きでいてくれています。

    
我が家ではシラスとマヨネーズですが、お好みでしょうゆを回しかけてもおいしいと思います。

    
かつお節を適量のせるアレンジもできます。

    
ついついお肉に偏りがちなときも、このメニューを取り入れると、お魚もバランス良く食べられます

    
しかも火を使うこともなく簡単なので、料理が苦手な人でも用意できるのがイイです。


    小さな子供でもスプーンで食べられるのでおすすめです。


    季節を問わずどこでも調達できる食材で作れる、簡単でおいしいメニューだと思います。(さとみさん)

    ラクすることに、罪悪感を持たないで!

    どれも手に入りやすい食材で簡単に作れるものばかりでしたね!

    ラクや手抜きをすることに、罪悪感を持つ必要はありません。

    子供が喜ぶよう工夫しながら作った料理は、どんなに簡単でも愛情たっぷりの料理です。

    大切なのは、必要な栄養が摂れること。

    そして、子供と楽しく食卓を囲み、食べる楽しさを伝えること。

    そのためには、無理なく作れる「ラクうまレシピ」が必要不可欠です。

    忙しいときはお惣菜や外食を取り入れつつ、ラクうま料理をどんどん活用しましょう!



    2歳になったら、アレルギー・アトピー対策!

    • facebook
    • twitter
    • google plus
    • hatebu
    • line
    • 1276view
    lineはじめました

    この子育てヒントが気に入ったら
    「いいね!」&フォローしよう♪

    子育てのミカタが役立つ子育てヒントをお届けします

    あなたにオススメの記事