• 子育てノウハウ
  • 0歳〜1歳

「うちの子、言葉の発達が遅い?」 お話し上手な子供にする3つの工夫

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • line
  • 8238view

     「○○ちゃんは、もうこんなにしっかり話すのに、うちの子は言葉の発達が遅いのかしら?」

    「いつから話し始めるようになるの?」

    1〜2歳の子供をもつ親なら、誰しも気になることではないでしょうか。

    「言葉の発達には個人差があるので、あせらなくても大丈夫」とも聞きますが、もしかしたら、親がちょっと意識をするだけで、言語能力はぐんと成長するものなのかもしれません。

    わが家には、保育園に通っている2歳と0歳の子供がいます。

    2歳の子はおとなと対等に話し、理解して動くことができるため、「○○くんは言葉がしっかりしている。おうちではどんなことをやっていますか」とよく聞かれるのですが、言葉の発達を意識して、わたしがやっていたことは、実はたったの3つ。

    共働きで、わたし自身もあまり時間がないため、手間のかかることはできません。かんたんで、すぐにでも始められる方法、よろしければぜひ参考にしてみてください。

    ※発達障害についての記事はこちら※
    ▶【医師監修】赤ちゃん・子供の発達障害について解説!原因、特徴、治療法は?

    ゆっくりと話すと、子供の滑舌がよくなる?!

    2

    子供と話すときは、できるだけ目を合わせ、口元が見えるようにして、ゆっくりと話します。

    おむつを替えているときや、着替えさせるときなどに、目を見てゆっくりと「あいうえお、かきくけこ……」と唱えるのがおすすめ。

    五十音が面白いようで、0歳の子は口元をじっと見つめて笑顔です。

    2歳の子が「滑舌がいい」とよく褒められるのは、この「あいうえお」がよかったのかなあ、とひそかに思っています。
     

    「それから?」などの問いかけで言語能力を伸ばす

    3

    子供とは、よく会話をします。

    0歳のころから、ちょっとした反応をひろって会話をするように意識していたためか、今ではまとまった会話ができるようになりました。

    「そうなんだ」で終わらせず、「それから、どうしたの?」「それで、どう思ったの?」「どうしたらよかったの?」など、問いかけをすることで会話がひろがっていきます。

    問いかけに答えるため、おそらく子どもの脳もフル回転し、言語能力が成長しているのでは、と思います。

    絵本を習慣に。寝る前の10分が鍵

    4

    我が家では、寝る前に必ず数冊の絵本を読みます。

    子供は絵本を暗記してひとりで読んでいることも。

    絵本の言葉をまねして話したりもしているので、言葉の勉強になっていることはまちがいないのでは、と思っています。

    お食事どきやお風呂、寝る前など、子供と向き合える時間に、ちょっとだけ意識をしてみてください。

    言葉の発達が期待できるうえに、会話もはずみ、今よりももっと楽しい時間が過ごせるかもしれませんよ。

    今回のまとめ

    子供の言葉の発達のためには、普段の生活の中で意識をすることが大切

    子供に口元を見せながらゆっくりと話すと、滑舌がよくなる。

    問いかけをして会話をひろげると、言語能力がアップする

    絵本を習慣にすると、言葉を早く覚える

    この記事のライター

    悠&悠ママ/会社員、チャイルドマインダー資格取得
    2014年生まれと2016年生まれの、二人の男の子のママです。元気すぎる息子たちのパワーに負けないように、最近筋トレを始めました。

    言葉の発達のヒント

    ▶子どもの言葉の発達を促す!絵本の読み聞かせ方法&年齢別オススメ絵本
    ▶0歳からOK!赤ちゃんが食いつく、おすすめ絵本3選♪
    ▶ひらがなの練習、いつ何から始める?楽しく遊びながら勉強する方法は?

    2歳になったら、アレルギー・アトピー対策!

    あなたにオススメの記事

    • facebook
    • twitter
    • google plus
    • hatebu
    • line
    • 8238view
    lineはじめました

    この子育てヒントが気に入ったら
    「いいね!」&フォローしよう♪

    子育てのミカタが役立つ子育てヒントをお届けします