• 妊娠中の悩み
  • 妊娠・出産

【母子手帳ケース】おしゃれで使いやすい母子手帳ケース5選

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • line
  • 373view

    先輩パパママの母子手帳ケース選びのポイントって?

    母子手帳ケースは、妊娠が分かった後、一番最初に準備するプレママアイテムのひとつ!

    赤ちゃんの成長の過程を記す大切なツールだからこそ、お気に入りのケースやカバーに入れて持ち歩きたいものです。

    ただ見た目がおしゃれってだけじゃない!

    先輩パパママが実際に使ってみておすすめしたいと思った、使い勝手に優れた母子手帳ケースをご紹介します。

    1.かわいらしさに和まされるポップな母子手帳ケース

    つわりなどの体の変化で、今まで当たり前にできていた作業が簡単にはできなくなったり、定期的な通院で妊娠前より忙しくなったり。

    いろいろと大変になることが想定される妊婦・子育て生活では、診察券や母子手帳などを一緒にまとめておけるケースがあると外出時にサッと持って出られ、出先でもサッと取り出せるので、とても重宝しますよ。

    私のおすすめは「Monster GRONK マルチケース」という、 オリジナルキャラクターの顔が印象的な可愛いファスナー式の母子手帳ケースです。

    妊娠中はいろいろな要因で不安になってしまったり、体調の変動が激しかったりと大変なことがたくさんあると思いますが、私は必要な書類を取り出すときにこの可愛い顔を見て、気持ちを切り替えてリラックスできたことが何度もありました。

    また、2~3人分が入る大容量なので、入れておきたいものはほとんど入るという機能性も申し分なしです。

    5種類のキャラクターの中からお気に入りを見つけてみてくださいね。(こむぎさん)

    2.ドット柄の母子手帳ケースはホック式で開け閉めラクらく

    友達から出産祝いにいただいた「ファムベリー ジャバラ式母子手帳ケース」が、大容量でとっても使いやすいんです!

    母子手帳だけでなく、診察券、保険証もらくらく収納できるし、お金も収納できるから本当に病院に行くときに使うものをまとめて収納できて便利です。

    母子手帳が二人分入るサイズなので、もうひとりできても使い続けることができそうです。

    開け閉めしやすいホック式で、ストレスフリー。

    特に病院で過ごす時間は慌ただしいから、開け閉めがラクちんなのは、本当に助かります。

    母子手帳ケースを新しく購入する方や、母子手帳ケースをプレゼントしたい方は、ぜひこの「ファムベリー ジャバラ式母子手帳ケース」を手に取ってみてください。

    デザインもおしゃれで品のあるドット柄だから、かわいくて、癒やされます。

    かわいいのに飽きのこないデザインなのが魅力的。

    子供が大きくなるまで、長く使用できそうです。(ゆうりさん)

    3.ポケットが充実した母子手帳ケースは私の救世主!

    母子手帳は、妊娠が分かった後、初めて“子供とのつながり”を実感できたツールでした。

    母子手帳ケースは、いろんなメーカーからいろんなタイプが販売されているので、本当に迷いましたが、結局一番シンプルだけど一番飽きがこなさそうな「アフタヌーンティー・リビング」の「ボーダー柄母子手帳ケース」を購入することに決めました!

    ネイビー×ホワイトのボーダーという色の組み合わせも気に入ったのですが、購入の決め手になったのは、内側のポケットの多さ

    ポケットの種類や大きさが様々で使いわけができ、とっても便利です。

    子供が増えても全員分の大事なものを収納できるくらいポケットがたくさんついていて、母子手帳だけではなく、保険証や領収書、メモ帳やペンも挟むことができる造りになっています。

    妊娠中の健診時はもちろんのこと、実際に出産して子育てが始まった後でも、驚くほど多くの書類やメモを持ち歩く必要がありました。

    乳幼児を連れて、大きなカバンからそれらの細々としたものを出し入れするのは、想像以上に大変な作業!

    でも、この母子手帳ケースに分かりやすく収納しておけば、外で慌てたり、手こずったりすることがありません。

    子供を連れている時にはできるだけ無駄なく動きたい私にとって、ポケットの多い「アフタヌーンティー・リビング」の母子手帳ケースは救世主です。(ecoさん)

    4.物が取り出しやすくしまいやすい母子手帳ケースが一番

    プーさんの柄の見た目もかわいいこちらの母子手帳ケースがとても役に立っています!

    まず、開閉口がマジックテープ式なので、使いたいときにサッと開けて品物を取り出すことができます。

    そして、収納スペースはジャバラ式で、ガバッと開くだけで中身を確認できます。

    さらに、内側にはカードポケットが15個も用意されており、診察券や保険証を1枚ずつ収納できます。

    母子手帳ケースを使うのは、主に病院の受付や会計のときです。

    ファスナータイプのものや、ポケットが少ないものだと、必要なものを取り出すのに時間がかかります。

    妊婦検診のときはまだいいのですが、赤ちゃんを連れての検診になると、この手間が大変ストレスになるんです。

    母子手帳ケースにはいろいろなタイプがありますが、 物を取り出しやすく仕舞いやすいものがおすすめですよ。(もこさん)

    5.抜群の収納力とかわいらしさを兼ね備えた母子手帳ケース

    パパママ御用達ブランド「familiar」(ファミリア)の子育てグッズは本当に可愛いし、大活躍間違いなしです。

    パステルを中心としたカラーリングが可愛くて見ているだけでも癒されるものがたくさん。

    母子手帳ケースは主に、ママが使うことが多いかと思いますが、このくまちゃんやうさぎちゃんのついたデザインの母子手帳ケースは、ベビーも気に入ってくれるはず!

    手頃なサイズ感も惹かれたポイント。

    3サイズ展開で、一番大きなもので約25cm×18.5cmです。

    母子手帳以外に、お薬手帳や領収書なども余裕で入るゆったりサイズなので、出がけにザッと入れて、後から細かく整理して使っています。

    価格は5,000円代とプレゼントにもオススメ!

    造りが丈夫なので、破れることもなく、長く使えると思います。

    母子手帳ケースとしてだけでなく、子育てが落ち着いた後には、マルチケースとしても活躍しますので、買って損はないですよ♪

    また、内側についているたくさんのポケットにも注目!

    ファスナーポケットやメッシュポケット、クリアポケットなど種類が豊富なので、すぐに見つけたいもの、しっかり無くさないように保存したいもの、などを効率的に収納できます。

    子育て中は、ペンやハンコ、朱肉なども意外と使う機会があるので、この収納力に優れたケースに忍ばせています。

    どこか懐かしい感じがするデザインは、子供もお気に入りで、必ず泣いてしまう病院でも、このケースで指差し遊びしているうちに自然と気持ちが落ち着いて笑顔が戻るんですよ。

    親子で癒されながら使っています。(ひまわりさん)

    2歳になったら、アレルギー・アトピー対策!

    • facebook
    • twitter
    • google plus
    • hatebu
    • line
    • 373view
    lineはじめました

    この子育てヒントが気に入ったら
    「いいね!」&フォローしよう♪

    子育てのミカタが役立つ子育てヒントをお届けします

    あなたにオススメの記事