• 子育てノウハウ
  • 3歳〜4歳

子供がストレスを感じた時親がしてあげられる事とは?

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • line
  • 2652view

    ストレスというのは、大人だけが感じるものと思っていませんか?実は幼少期の子供にとってもストレスを感じる事があるのです。幼少期に感じるストレスは、将来の学習能力や人格形成に影響してしまうという研究の結果も出ていますので、子供がストレスを感じているかどうかを親がきちんと感じ取り、ストレス発散の手助けをしてあげてください。

    というのも、幼少期の子供はストレスの発散方法を知りません。親がストレスを発散させてあげなくては、子供はストレスを抱えたまま成長してしまいます。

    子供のストレスの原因とは?!

    bbeae967739e85e0e77249c3b9f03266_s

    まずは、子供がなぜストレスを抱えるのか、原因を探ってみましょう。子供がストレスを感じる一番の原因は、実は親がストレスを抱えていることです。そして、子供の年齢が低ければ低いほど、子供は親のストレスを大きく感じてしまいます。

    ですので、小さな子供がいる親はできるだけストレスを抱えないよう注意する必要があります。両親が子供の前で喧嘩をしてしまったり、両親の仲が良くなかったりすると、親はストレスを感じますよね。

    このような状況は子供にとってとても大きなストレスです。小さな子供がいるご家庭では親がストレスを感じる状況がたくさんあると思いますが、子供のためにもリラックスすることを心がけましょう。

    子供のストレス発散の手助けの仕方!

    839a1bbcc0a0a8a17f4f4d1e68d5ff97_s

    では、どういう方法で親は子供のストレス発散の手助けをしてあげられるのでしょうか?一番簡単で絶大な効果を発揮する方法は、子供を抱きしめてあげることです。

    子供は親から愛情を受けていると感じることで心身ともに安心し、リラックスできるのです。とっても簡単な方法ですが、効果は絶大です。肌と肌の触れ合いは小さな子供にとってとても大切です。子供の気分を落ち着かせることもできますし、愛情を確かめあい、信頼関係を築くためにも、子供がストレスを感じていると思った時は、思いっきり抱きしめてあげてください。

    親が子供を抱きしめる時は、親もリラックスしていないと十分な効果が発揮できませんので、心を落ち着かせて愛情たっぷりに抱擁してあげてください。

    運動は簡単なストレス発散方法です。

    ae10096a5528cc0f7309d0f2980079b5_s

    次に、子供がストレスを感じた時は、子供を外に連れ出して新鮮な空気の中で簡単な運動をさせてあげましょう。近くの公園へ行くだけでもいいですし、自転車に乗ったり、ボールで遊んだり、少し走ったりするだけでも、子供はストレスを発散できます。

    子供は体を動かすことに集中することでストレスを忘れることができますし、子供にとって良いリフレッシュになります。

    親は子供のストレスがまだ少ないうちに、簡単な運動に付き合ってあげて、ストレスから助け出してあげてください。子供を外に連れ出す際は、親も一緒に子供に集中して遊んであげることが必要です。子供と遊ぶ時は携帯などに期をとられずに、思いっきり子供との遊びを楽しんでください。そうすることで、子供のストレス解消につながります。

    クリエイティブな遊びでストレス発散を!

    d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

    クリエイティブな遊びをすることも子供のストレス発散につながります。子供がストレスを感じてイライラしていたり、やる気がないような行動がみられた時は、子供の好きそうな塗り絵を一緒にしてみたり、粘度や紙を使って何かを一緒に創作してみてはどうですか?子供の大好きなシールを使うのもいいアイデアですよ。

    子供は集中して何かを作ることで、ストレスによる緊張をほぐし、心に落ち着きを取り戻せます。ぜひ親も一緒にクリエイティブな遊びに集中してストレスをなくしましょう。

    ここでは、子供の好きなことをさせるのが一番です。気に入っているキャラクターのシールや塗り絵、またはレゴなど、日頃子供が率先して遊ぶ遊びを一緒にやってあげましょう。

    深呼吸は心のコントロール方法です。

    a1a45a5a8687f887e1ee48f56da4af8a_s

    最後に、ゆっくり深呼吸させてあげるのもストレスを発散させるのには重要です。子供の心がイライラしていたり、怒りっぽかったりした時は、深い深呼吸で感情をコントロールすることを教えてあげましょう。

    毎日の生活の中で「休む」時間を作ることで、子供もストレスを溜めにくくなります。親が子供に深呼吸の時間を作ってあげて、ストレスから救い出してあげてください。

    • facebook
    • twitter
    • google plus
    • hatebu
    • line
    • 2652view
    lineはじめました

    この子育てヒントが気に入ったら
    「いいね!」&フォローしよう♪

    子育てのミカタが役立つ子育てヒントをお届けします

    あなたにオススメの記事