• 子どもの食事
  • 便利グッズ
  • 0歳〜1歳

離乳食作りがラクになる便利グッズ6選!実際に使って役立ったものをご紹介♪

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • line
  • 18936view

    生後5~6か月ごろからの開始が推奨されている離乳食。

    美味しい離乳食を作ってあげたいと思っても、赤ちゃんのお世話に追われる日中に、手作りの離乳食を用意するのは意外に大変なものです。

    そこで、私が実際に使用した離乳食をラクにする便利グッズをご紹介します!

    あるとないとでは大違いですよ〜!

    離乳食の調理がラクになる便利グッズ

    7ddd43c9f0f4403e3a9195c11dea14a2_s

    調理セット

    「そろそろ離乳食の準備をしよう!」と考え始めた生後4か月ごろに用意したのが、離乳食用の調理セットです。

    裏ごし器やすり鉢、おろし器がセットになっていて、全て重ねてコンパクトに収納することができます。

    本当に使うのかどうか半信半疑のままに購入しましたが、初期の一度に食べる量が少ない時期や、初めての食品を少しだけ調理したいときにとても役に立ちました。

    簡単な作りに見えたので使い物になるのかと不安でしたが、きちんと調理できましたよ!

    おかゆポット

    こちらは生後7か月を過ぎ、少しずつ食べる量が増えてきた時期に購入しました。

    炊飯器に一緒に入れて炊けば、大人用のご飯と赤ちゃん用のおかゆが同時に作れる便利なグッズです!

    それまでは、一週間分ほどのおかゆをまとめて作って冷凍したり、冷ご飯をレンジでチンしておかゆにしたりしていましたが、量が増えるにつれてあまり食べなくなってしまったんです。

    これを使えば赤ちゃん用を別に調理するのではなく、大人のご飯と一緒に炊いてしまえるので、出来たての美味しいおかゆを食べてもらうことができました。

    フードプロセッサー

    少しずつ色々な種類の野菜や肉が食べられるようになってきた、生後8か月前から使い始めたのがフードプロセッサーです。

    多少粒が残っていても食べられるようになってからは、さらに活躍しました。

    量が少なすぎると上手に細かくできないので、ある程度の量を一度に調理する必要がありますが、余った分は冷凍しておけばさらに時短になりますよ!

    この機種は、パンを捏ねたり挽肉を作ったりもできるので、大人用のご飯づくりにも活用できて便利ですよ!

    離乳食の保存に便利なグッズ

    a85208a7299179b119589695dacfe25e_s

    小分け冷凍ケース

    本当に初期のころ、ほんの1さじ分すらまともに食べてくれなかった時期にこの冷凍ケースが大活躍しました。

    小さいケースにひとつずつ蓋がついているタイプもありますが、あれはとにかく洗うのが面倒!

    これは製氷ケースタイプなので、洗うのもかなりラクですし、取り出すのも簡単です。

    市販のベビーフードしか食べてくれなかった時期にも、開封してしまったものを小分けにしておくのに重宝しました。

    冷凍した離乳食の解凍に使えるグッズ

    18fb0b8f3539399d1145355dd88fdbd4_s

    レンジ用シリコンラップ

    初期のころは特に、冷凍した離乳食を解凍して食べさせることが多かった我が家では、このシリコン製のラップが大活躍しました。

    少量の離乳食をレンジで温める度に使い捨てのラップを使うのが、非常に面倒だったんです。

    シリコンラップなら、わざわざラップを出してこなくても、レンジの脇においておいてさっとかぶせるだけ。

    少量の離乳食を温めるのは意外に難しく、使い捨てラップだと熱くなりすぎて触れなくなってしまうこともありましたが、シリコン製なら大丈夫でした。

    様々な便利グッズをご紹介しましたが、もちろん市販のベビーフードなどで手抜きをするのもOK!

    ラクできるのはもちろん、味付けや柔らかさ、具材の大きさなど参考になることがたくさんありますよ。

    ベビーフードや便利グッズと一緒に、離乳食作りを乗り切っていきましょう!

    まだまだあります!離乳食お助けグッズ

    「もっともっと離乳食作りがラクになる便利グッズが知りたい!」という声にお応えして、先輩パパママに追加リサーチ!

    どんどん便利を追加していきますので、楽しみにしていてくださいね♪

    おうちごはんでも外食でも大活躍!

    生後10ヶ月のときに、リッチェル(Richell)の「おでかけランチくん」という離乳食はさみ」を購入しました。

    離乳食後期は、離乳食初期や中期ほど食べ物を細かく刻む必要はないものの、大人と同じ大きさではまだ食べられない時期です。

    こちらの離乳食ハサミは、特に麺類を食べるときに大活躍!

    このハサミで、麺類をチョキチョキと簡単に切り刻むことができます。

    また好きなサイズに切ることができるので、離乳食後期から完了期にかけて、長い期間役に立ちました。

    外食にも必ず持参。パスタやうどんを食べるときに、子どもの分を取り分けてハサミで切ってすぐに食べさせることができて、とっても便利でした。

    専用のケースも付いているので、衛生面も安心です。

    麺類だけでなく、お肉や柔らかい野菜なども切ることができますよ。

    (reiokaさん、便利グッズが役立った年齢:10ヶ月〜1歳半)

    おすすめの記事

    ▶【離乳食】はちみつだけじゃない!赤ちゃんに食べさせてはいけない食べ物とは
    ▶赤ちゃんとのお出かけに大活躍!「スープジャー」でラクラク離乳食
    ▶新生児から生後6ヶ月の赤ちゃんにオススメ!0歳から大活躍の便利グッズ6選

    2歳になったら、アレルギー・アトピー対策!

    ▶子どもも喜ぶ♪ヨーグルト味のサプリメントで腸内環境をケア!

    • facebook
    • twitter
    • google plus
    • hatebu
    • line
    • 18936view
    lineはじめました

    この子育てヒントが気に入ったら
    「いいね!」&フォローしよう♪

    子育てのミカタが役立つ子育てヒントをお届けします

    あなたにオススメの記事