• 子どもの食事
  • 便利グッズ
  • 2歳〜3歳
  • 3歳〜4歳
  • 4歳〜

【子供のお弁当】かわいい&時短もできる便利グッズ14点!時短ワザもご紹介

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • line
  • 5515view

    子供のお弁当を毎日作るのって大変ですよね。

    遠足や運動会だけならまだしも、「子供のお弁当を作るために毎朝5時に起きるのがツライ……」という方も多いのではないでしょうか。

    今回は、子供のお弁当作りの時短テクニックや、便利グッズをご紹介します!

    上手に効率化しつつ、子供が喜んでくれるお弁当を目指しましょう♪

    前日、夕食と一緒に下ごしらえしておくとラク!

    36128fe8501de57f55b86252932ca7b1_s

    お弁当が傷みやすい夏場は特に、全て朝作るに越した事はないでしょう。

    でも、前日に下準備できたり、夕食と一緒に作れるおかずなら、朝再加熱して冷まして入れるだけでOKです!

    鮮やかなのり巻きも時短OK!

    例えば、朝起きて具材から準備しようと思うと大変なのり巻き。

    インゲン、にんじん、高野豆腐などの具材を前日夜に煮込んでおけば、朝ご飯にすし酢を混ぜ、煮込んでおいた具を巻くだけで出来上がり!

    ブロッコリーは彩り抜群のお助け食材

    前日にブロッコリーを塩茹でし、冷まして密封容器に入れておきます。

    冬場はそのままお弁当に入れても大丈夫ですし、夏場は心配であれば電子レンジでチンして冷ましてからお弁当箱に入れれば、彩りを良くしてくれる一品になります。

    ブロッコリーは冷凍食品売場にも下茹でしたものが売っていますし、当日朝に電子レンジでチンしてもOKの優秀食材です!

    定番の煮物はやっぱりオススメ

    基本的に、味付けの濃い煮物は傷みにくいので、前日夜に煮込んで鍋ごと冷蔵庫へ。

    翌朝必ず沸騰するまで火を入れてからよく冷まし、お弁当箱に入れましょう。

    にんじん、レンコン、カボチャなどの根菜類とお肉の甘辛煮などは彩りも良く、野菜とタンパク質の採れる一品になるのでおすすめです。

    キッチンに小さい扇風機を置いておくと、熱いおかずやおにぎりを冷ます時に便利ですよ!

    最近多いUSBの扇風機も、アダプターを使えば家庭用のコンセントで使えます。

    お弁当が痛まないか心配な場合は、保冷バッグや抗菌シートなどの便利グッズもありますよ♪

    子どものお弁当、もっと時短で作れるグッズは?

    6e505215e6eb8833c4c863d2682004de_s

    なにかと忙しい子育て中、もっと時短でお弁当を作れるグッズが欲しいですよね。

    おすすめなのは、おにぎりが一度にたくさん作れるグッズ!

    作り方はとっても簡単。1個ずつ握るよりかなり時短になります。

    小さいサイズのおにぎりが一度に作れるグッズもありますので、子供の食べる量に合わせて選んでみてください♪

    鮭フレークやふりかけをご飯に混ぜてから作ると彩りも綺麗で美味しいおにぎりができますよ!

    あと一品が欲しい!冷凍食品、使ってもいいかな?

    18fb0b8f3539399d1145355dd88fdbd4_s

    毎日お弁当の中身を全て手作りするって、大変ですよね。

    親がお弁当作りで疲れ切ってしまうのも考えもの。時には冷凍食品に頼るのもアリでしょう。

    「添加物が気になるなー」という方には、生協等の活用もおすすめ。

    生協には、市販の冷凍食品よりも添加物の少ない冷凍食品があります。

    Oisixなどは化学調味料無添加の冷凍食品もラインナップされていますし、子どものお弁当向け冷凍食材を毎週おすすめしてくれる「お弁当コース」といったサービスもありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

    便利がいっぱい!生協の宅配サービス お申し込みはコチラ

    お友達のデコ弁がうらやましい点…そんな時どうする?

    cc44759a8c656db07ba1ccdb8929fbb5_s

    「かわいいデコ弁を持ってくるお友達がうらやましい!」と子供に言われても、そんなに凝った物作れないし……とお悩みの方へ。

    キャラ物など手間がかかりすぎるものは無理でも、可愛らしいお弁当にするコツはあります。

    簡単なのは「のりパンチ」!

    動物の顔なども作れるので、のりをカシャンとパンチしてご飯やミニおにぎりに乗せれば、一気にお弁当が可愛らしくなります。

    星やお花の抜き型で、ハムやチーズを好みの形にするだけで、パッと印象が変わります。

    茹でたにんじんをお花の形にして、ご飯のやおかずの上に飾るのもオススメ。

    見た目が華やかになるのはもちろん、子供が野菜に興味を持ってくれるきっかけにもなります。

    その他、彩りが寂しければおかずを入れるアルミケースを鮮やかな色のものにする、おかずに可愛らしいピックをひとつ刺しておく、なども簡単ですが子どもが喜ぶテクニックです。

    特にピックは種類が豊富なので、子供が好きなキャラクターを探してみましょう♪

    おかずケースなどが禁止の幼稚園や保育園は、海苔で出来たカップが便利ですよ。

    手間暇や時間を掛けることだけが愛情ではありません。

    忙しくて時間がなくても、お弁当作りが苦手でも大丈夫。

    便利なグッズを賢く利用して、子供が喜んでくれるお弁当を目指しましょう!

    その気持ちはきっと、子供にも伝わっているはずですよ♪

    子供の食事・お弁当に関するヒント

    ▶料理が苦手な人に捧げる!1週間分の献立を考える方法
    ▶【料理の時短】栄養バランスは崩さず、買い物&朝食&夕食がラクになる技♪
    ▶赤ちゃん・子供とお花見!オススメの持ち物、離乳食、便利グッズをご紹介♪

    2歳になったら、アレルギー・アトピー対策!

    • facebook
    • twitter
    • google plus
    • hatebu
    • line
    • 5515view
    lineはじめました

    この子育てヒントが気に入ったら
    「いいね!」&フォローしよう♪

    子育てのミカタが役立つ子育てヒントをお届けします

    あなたにオススメの記事