• 子どもの病気やトラブル
  • 0歳〜1歳

【離乳食の注意点】赤ちゃんが下痢のときにオススメの離乳食

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • line
  • 32903view

    赤ちゃんが下痢!病院に行くと嘔吐下痢症や胃腸炎と診断され、「下痢止めで止めるのではなく、ウイルスが体から出て行くまで待つしかありません」とお医者さんに言われた方も多いのではないでしょうか。

    そんなときに大切なのは、便の状態に合わせた食事のケア。特に、病気のときにあげてしまいがちな食品の中にも、下痢のときには食べさせてはいけないものがあります。

    下痢で弱った体にさらに負担をかけてしまっては大変です!下痢のときの食事について、改めて確認してみましょう。

    下痢のときは、離乳食を1つ前の段階に戻す

    bb662e73c8be509141e3fd41074a544b_s

    下痢のときは、離乳食を1つ前の段階に戻すと良いとされています。

    離乳食初期の場合は離乳食をお休みして水分のみ、中期の場合は初期、後期の場合は中期、離乳食を卒業している場合は、離乳食後期に食べていたものを参考にしてください。

    下痢でも食欲があり、どんどん食べたがる場合もありますが、赤ちゃんが食べたがってもうまく消化できない場合がありますので、食事の内容には注意して下さい。

    意外!プリンやヨーグルトはNGなんです

    764a1521504d140b02c31c3f9e167752_s

    プリンやヨーグルトは甘くて冷たくて喉ごしも良く、赤ちゃんも大好きなので、病気のときについ食べさせてしまいがち。しかし、下痢の時には食べさせてはいけないのです!

    プリンに含まれる卵やヨーグルトのもとになっている牛乳には、脂肪分やタンパク質が多く含まれており、下痢で弱った体には負担になってしまいます。

    「少しでも栄養をつけてほしい」と思っても、おかゆやうどんに卵を入れるのもNGです。

    牛乳や人工乳には、腸に負担をかける乳糖が含まれています。下痢がひどい場合、ミルクを飲んでいる場合は乳糖を除去したミルク(ラクトレスまたはノンラクト)、母乳を飲んでいる場合は乳糖分解酵素の薬(ミルクラクト)が処方される場合もありますので、気になる場合は病院で相談してみましょう。

    水様便(水のような下痢)のときの食事

    413310f730e36a07643165caedcf60ba_s

    水様便(水のような下痢)のときには、こんな食事にしてみましょう。

    ・白湯、麦茶、ベビー用のイオン飲料
    ・重湯(10倍がゆをザルなどでこしたもの)、葛湯
    ・すりおろしりんご
    ・人参スープ(便を固める効果があるそうです!)

    ※水分は、一度にたくさん飲むと吐いてしまうため、少量ずつこまめに飲ませましょう
    ※嘔吐が激しく、水分を摂取できない場合は、脱水症状にならないようすぐに病院に行きましょう
    ※水分以外は、食欲がある場合のみ。無理してあげなくても大丈夫です

    軟便(やわらかい便)になったときの食事

    9805a03a853cd2d6f49a2c141f201ea8_s

    やわらかい便になってきても、いきなり普段通りの食事にはせず、消化や吸収をしやすい食事にしましょう。

    ・白湯、麦茶、ベビー用のイオン飲料
    ・おかゆ、柔らかく煮たうどんなど
    ・すりおろしりんご
    ・人参、大根、じゃがいもなどを柔らかく煮たもの
    ・便がまとまってきたら、豆腐、白身魚、ささみなど脂肪分の少ないもの

    下痢のときに食べてはいけないもの

    49923ac4e3e67cd725e5c7c99194b549_s

    これらの食品は、下痢が完全に治って普段通りの便になるまでおあずけです。

    ・柑橘類のジュース(ミカン、オレンジなど)
    ・乳酸菌飲料
    ・卵、プリン、ヨーグルト、牛乳、牛肉、豚肉、赤身魚

    赤ちゃんが好きなものがたくさん含まれていますね。元気を出してほしくて買ってあげてしまいそうになりますが、グッと我慢してください。

    食事のケアで、下痢のダメージを最小限に抑えましょう!

    cd582610d8d0f9de4d939b933872eb77_s

    これで下痢のときの食事のケアはバッチリですね!

    また、食品アレルギーなど嘔吐下痢症や胃腸炎以外の原因で下痢をしている場合もありますので、自分だけで判断せず、病院には必ず行ってください。

    症状に応じた食事を用意して、赤ちゃんの回復をサポートしましょう!

    • facebook
    • twitter
    • google plus
    • hatebu
    • line
    • 32903view
    lineはじめました

    この子育てヒントが気に入ったら
    「いいね!」&フォローしよう♪

    子育てのミカタが役立つ子育てヒントをお届けします

    あなたにオススメの記事