MENU

CLOSE

子育てをがんばる、すべての人へ

子育てのミカタ

子育ての“ヒント”をキーワードで検索

【赤ちゃんの寝かしつけ】お尻から置いちゃダメ!背中スイッチを押さない方法

子育てノウハウ0歳〜1歳

2017年02月09日

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • pocket
  • 2409views

48cf87e744f3aede61dbf1723ae02975_s

長時間抱っこして、あっちへゆらゆら、こっちへゆらゆら。

やっと眠ったみたいなので、そーっと起こさないようにベッドへ……。

赤ちゃんのお尻をベッドへ落とし、頭の上の手を抜いて、うまくいったかな?と思った次の瞬間、「うわーん!」こんなこと、よくありませんか?

筆者には2人の子供がいますが、特に第一子の背中スイッチは強力で、涙目になりながら何度も寝かしつけをやり直したものです。

その経験から、赤ちゃんを起こさずベッドへ寝かせるコツを体得したので、今回はそちらををご紹介したいと思います。

添い乳などおっぱいは使わないので、マスターすれば誰でも赤ちゃんを寝かしつけられるようになりますよ!

おくるみやスリングを利用する

f43448630e477ca739eff0abde245703_s

赤ちゃんがベッドに置かれると起きてしまう理由のひとつに、背中で感じる質感や温度が急に変わってしまい、それに反応してしまうということがあります。

そこで赤ちゃんを抱っこして寝かしつける「前」に、おくるみや毛布などで、先に体をくるんであげましょう。

特に月齢の低い赤ちゃんであれば、ビクっと体が動いてしまうモロー反射を防ぐこともできるため、足まで包んであげると効果的です。

赤ちゃんが眠ったら、くるんでいる布ごとそっと布団におろします。

この時、赤ちゃんの後頭部にも布がある状態だと、さらに背中スイッチの起動を抑えられます。

首筋や顔は敏感に質感の変化を感じ取ってしまうので、おくるみや毛布が赤ちゃんの呼吸を妨げないよう注意しつつ、頭まですっぽりとくるんであげましょう。

長い時間抱っこをしないと寝ない赤ちゃんの場合は、スリングを利用するのがオススメです。

スリングは長い布でできた抱っこ紐のことで、赤ちゃんが眠ってしまったら、その布ごと赤ちゃんをベッドへ寝かせることができます。

筆者も子供の夜泣きがひどい時期に特にお世話になりましたが、段々と「スリングに入ったら眠る」という習慣ができたようで、とても便利でしたよ。

赤ちゃんのベッドへのおろし方を工夫する

64c6103a1092189520590f3148659262_s

赤ちゃんをベッドへおろす時は、大人の胸から離す→赤ちゃんのお尻をベッドにおろす→赤ちゃんの頭をベッドにつける、という流れが一般的かもしれませんが、このやり方では背中スイッチがオンになりやすいので要注意!

赤ちゃんは抱っこされている感覚が薄れると、目を覚ましてしまうからです。

そこで、まずは赤ちゃんを抱っこしたまま、ベッドの上に膝立ちになります。

そのまま上半身をベッドの方にかがめていき、赤ちゃんの胸と自分の胸(肩)を離さないようにして、頭から赤ちゃんを布団におろしていきます。

経験上、お尻から赤ちゃんを置くよりも、頭からおろした方が起きにくいようです。

この時、すぐに赤ちゃんとベッドの間にある手を抜くのではなく、数秒~数十秒ほど、その場でじっとしておきます。

つまり赤ちゃんを抱きかかえた状態のまま、布団に密着しているような状態です(自分の体は頭と膝で支え、その間に赤ちゃんがおさまっているイメージです)。

赤ちゃんがそのまま寝ているようだったら、赤ちゃんとベッドの間にある手を、ベッド側に押し付けるようにしながら、そっと抜いていきます。

赤ちゃんに、できるだけ手が離れていくことを感じさせないためです。

そして体を離したら、赤ちゃんの胸が冷えてしまわないよう、すぐ布団をかけてあげましょう。

若干体制がつらいですが、この寝かし方にしたことで、私は背中スイッチを押す確率が格段に減りました。

背中スイッチを押さないコツは「抱っこの感覚」を消さないこと

ca12a15794ba3a6cda1d0e1177063fa8_s

赤ちゃんは親が離れていく感覚にとても敏感です。

「早く寝かしつけたい!」と焦ってしまうと、私のように寝かしつけループにはまってしまうので、抱っこの感覚がぎりぎりまで残るよう、ぜひ工夫をしてみてくださいね。

今回のまとめ

・背中スイッチを押さないためには、焦らず「抱っこの感覚をギリギリまで残す」ことが重要

寝かしつける前に、布団やスリングなどで赤ちゃんをくるんでおく

・赤ちゃんを下ろすときには、頭から置く

・赤ちゃんを置いたらすぐに離れず、しばらく赤ちゃんと密着したままじっとしておく

・赤ちゃんを抱っこしていた手を抜く場合は、ベッドや布団に押し付けながらそっと抜く

寝かしつけのヒント、多数取り揃えております

▶子育てのミカタ厳選!寝かしつけ・泣きやませ・夜泣き・ネントレのヒント集
▶【ネントレ】抱っこで寝かしつけ卒業!子供が1人で寝られるようになる方法
▶寝かしつけ・夜泣き・夜間の授乳やオムツ替えに便利!買ってよかったアイテム3選

2歳になったら、アレルギー・アトピー対策!

▶子どもも喜ぶ♪ヨーグルト味のサプリメントで腸内環境をケア!

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • pocket
  • 2409views

48cf87e744f3aede61dbf1723ae02975_s

この子育てヒントが気に入ったら
「いいね!」しよう♪

子育てのミカタが役立つ
子育てヒントをお届けします

関連する子育てヒント