• 子どもの病気やトラブル
  • 0歳〜1歳

【医師監修】ステロイドをやめて、子どものアトピー・アレルギーを治す方法とは?

  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • hatebu
  • line
  • 5129view

    まだ症状が出ていなくても、子を持つ親としては「アトピー・アレルギー」は気になるキーワードのひとつ。小学生や思春期に発症するケースも耳にするので、私自身も気になっていました。しかし、予防や治療については様々な意見が飛び交い、どの説を信じていいのかイマイチわかりません。

    いろいろと調べているうちに、ステロイド等の薬に頼らず、アトピーやアレルギーを治療しているという「エミーナジョイクリニック銀座」を発見!どうしても気になって、院長の伊東エミナ先生にお話をうかがってきました。

    そもそも、アレルギーやアトピーって何?

    515bcd948dbbc3dab2aa8b891d705e9c_s

    アレルギー

    アレルギーというのは、体に入ってきた物、例えば、花粉、ホコリ、食べ物などを異物と体が認識し、追い出そうと体が抗体を作り反応してしまうことの総称です。

    この反応は、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症)、アレルギー性結膜炎、 アレルギー性胃腸炎、気管支喘息、小児喘息、食物アレルギー、薬物アレルギー、蕁麻疹といったアレルギー疾患として体の内外にあらわれ、人々を悩ませています。

    アトピー

    日本では「アトピー」だけで言い表すことが多いですが、医学用語では「アトピー性皮膚炎」。全ての原因が解明されているわけではありませんが、アレルギーはいくつかある原因の1つだと言われています。

    アレルギーやアトピーを抑えるカギは、意外な場所にあった!?

    c2e98f0b8fb75475a9c2c68bb8ac4618_s

    伊東先生によると、アレルギーやアトピーの症状を抑えるカギは、「副腎の疲労」にあるそう。

    副腎が疲労すると、アレルギーやアトピーなどの炎症を抑えるステロイドホルモンの分泌が足りなくなってしまうのです。

    副腎が疲労する主な原因はこれら3つ。

    ●ストレスによる自律神経の乱れ
    ●食生活の乱れなどによる、腸内環境の悪化
    ●背骨や骨盤のゆがみ

    この3つがなぜ副腎疲労の原因になるのかについては、かなり長くて込み入った話になるので、別の記事にまとめました。

    ▶【医師監修】子どものアレルギーやアトピーに、副腎・背骨・腸内環境が影響!?
    詳しい部分が気になる方は、こちらの記事をご覧いただければと思います。

    ステロイド等の薬に頼らない治療方法とは?

    b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

    エミーナジョイクリニック銀座では、炎症などの症状が起こってからステロイド剤で対処するのではなく、副腎の疲れを取ることでアレルギーやアトピーを根本から治療していきます。

    ●ストレスによる自律神経の乱れ
    ●腸内環境の悪化
    ●背骨や骨盤のゆがみ

    これらの副腎疲労の原因を、1つずつ解決していくそう。具体的には、どんな治療をしていくのでしょうか。

    背骨や骨盤のゆがみを治す

    144c0f784515efb98cfefd5829b680af_s

    伊東先生いわく、治療効果を上げるのに欠かせないのが、背骨や骨盤のゆがみを治すこと。

    整体・ストレッチ・矯正器具など、ゆがみを治すと謳われているものは多々ありますが、本当に効果があるものはほんのわずか。「治したつもりで治っていない」という患者さんが、たくさんいらっしゃるそうです。

    エミーナジョイクリニック銀座では、武道を極め、気練エクササイズの講師も務める風間健先生が脊椎調整治療を担当。ゴッドハンドによる施術で、早い人ではその日にゆがみが治ってしまうというのだからびっくり!

    背骨や骨盤の歪みが治ると、自律神経のバランスが整って胃腸の動きが良くなります。胃腸の働きが良くなると、悪玉菌が減って腸内環境が良くなります。

    腸内環境が良くなるとどうなるのかは、次の項目でご説明しますね。

    腸内環境の改善

    9afa1b26e6d591a94eb916f0d60ba111_s

    腸内環境が悪化すると、体に悪いものまで吸収してしまい、アレルギーやアトピーの一因となります。

    腸内環境の改善には、背骨や骨盤の治療以外にも、食事内容の改善が必要不可欠。

    その際には、「良いものを摂取する」だけでなく「悪いものを排出する」ことがかなり重要です。

    具体的には、これらのことを心がけつつ、食事で足りない部分はサプリメントで補います。

    ●乳酸菌や食物繊維を摂取して、悪いものを体の外に出す
    ●ビタミン、ミネラル、オメガ3など、腸細胞を修復するための栄養を摂取する

    腸内環境が良くなると、体に悪いものをきちんと排泄し、体に良いものを効率良く吸収することができます。そうすると、免疫力のバランスが整い、アレルギーやアトピーの症状が改善されるそうです。

    ストレスのケア

    b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_s

    エミーナジョイクリニック銀座には心療内科もあり、ストレスのケアにも力を入れています。

    しかし、「どうしても会社や学校を休めない」などの事情もありますので、背骨や骨盤のゆがみや腸内環境の改善をきっちり行うことが大切になってくるそうです。

    アレルギー治療と妊活の共通点とは?

    3202f70c74a63eb64dccc43bf50950ac_s

    エミーナジョイクリニック銀座では、アレルギー科、心療内科、脊椎調整外来、妊活外来、女性外来、内科、ダイエット外来、メディカルエステティックと多岐にわたる領域をカバーしています。

    私も最初に診療科目を見たときは、「これを同じクリニックで診るの?なんで?」と疑問に思いましたが、アレルギーやアトピー、そして副腎疲労の話を聞いて納得しました。

    どうやら体調不良の原因は1つではなく、様々な原因が複雑に関係している様子。そして、それがアレルギーやアトピーとして表に出る人もいれば、不妊や更年期障害などの症状が表に出る人もいる、ということのようです。

    母乳が出なかったり乳腺炎になるのも、表に出た症状の1つ。アレルギーやアトピーの治療と同様、背骨や骨盤のゆがみや腸内環境にアプローチすることで、改善する場合も多いそうです!

    今日から、親が子どもにできること

    91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s

    最後に、伊東先生に「今日から家庭で、親が子どもにできること」を教えていただきました。

    ●赤ちゃんはできるだけミルクよりも母乳で育てる(母乳が出ない場合は、母親の体調が悪い可能性あり。まずは母親から健康に!)
    ●体を使って遊び、筋肉をつけることで、ゆがみにくい体にする(同じ姿勢が続くと、背骨や骨盤がゆがみやすくなる)
    ●日光を浴びてビタミンDを活性化し、骨を強くする
    ●肉の3倍野菜を食べる
    ●よく噛んで食べる(消化、吸収効率がUP!)
    ●腸内環境に良い栄養を摂取する(食物繊維、乳酸菌、ビタミン、ミネラル、オメガ3など)
    ●無菌状態ではなく、適度に菌と付き合う生活をする

    専門医での治療も大切ですが、生活習慣も同じくらい大切です!

    また、できるだけ赤ちゃんや子どものうちから生活習慣を整えることが効果的。

    生まれてすぐはなんともなくても、悪い生活習慣を続けたせいで、年齢が上がってから症状が出る場合もあり、大人になってからの方が治療に時間がかかるそうです。

    「アレルギーやアトピーは生まれつきのもので、除去食やステロイド剤などの薬で対処していくしかない」と思っていたので、伊東先生のお話はとても衝撃的で興味深かったです!早速我が家でも取り入れていこうと思います。

    エミーナジョイクリニック銀座について

    about_tmb01

    エミーナジョイクリニック銀座は、病院というよりエステサロンのような落ち着いた雰囲気。
    薬に頼らない根本的な治療を目指すクリニックです。

    住所 東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座2丁目 2F
    (東銀座駅 A8出口より 徒歩2分、銀座駅 A8出口より 徒歩6分)
    電話番号 03-6278-7115
    診療時間 月~土曜日 受付時間 10:00~19:00(最終受付)18:30
    ※自費初診のみ最終受付18:00
    ※完全予約制
    Webサイト https://www.eminaclinic.com/

    伊東エミナ先生について

    img_0854

    最新医療から昔の食生活まで、幅広い知識を持つ伊東エミナ先生。
    気さくでバイタリティあふれる素敵な方です!

    エミーナジョイクリニック銀座院長、医学博士
    日本内科学会認定総合内科専門医
    米国抗加齢医学会会員
    日本医師会認定 健康スポーツドクター
    日本医師会認定産業医
    日本心身医学学会会員
    日本温泉気候物理医学会認定 温泉療法医
    労災指定医

    やせるスイッチオン Dr.骨盤コルセット監修

    この記事のライター

    千春/子育てのミカタ編集長兼ライター
    2011年生まれ女児と2015年生まれ男児の母。
    試しに子ども向けの乳酸菌サプリをあげたら、おやつだと勘違いしてモリモリ食べてました…。

    アレルギーやアトピーが気になる方は、こちらもオススメです

    ▶【医師監修】子どものアレルギーやアトピーに、副腎・背骨・腸内環境が影響!?
    ▶子どもも喜ぶ♪ヨーグルト味のサプリメントで腸内環境をケア!

    • facebook
    • twitter
    • google plus
    • hatebu
    • line
    • 5129view
    lineはじめました

    この子育てヒントが気に入ったら
    「いいね!」&フォローしよう♪

    子育てのミカタが役立つ子育てヒントをお届けします

    あなたにオススメの記事